サープラス(SURPLUS)

1971年、渋谷明治通りにたった3坪の「オイカワパンツショップ」がOPENし、
サープラス(SURPLUS)の元祖が生まれました。
オリジナル商品の第1号はアメリカの若者がベトナム戦争に反対し、
その意思をファッション表したというダンガリーシャツです。
その中でもSWEAT SHIRTSは特に評判が良く、
SURPLUS SEMINARY 616のロゴアイテムは大ヒット商品になりました。
その後、日本のミリタリーの草分け的位置付けのブランドとして
コアなファンに愛されているブランドです。