伝統的な製法~ステッチダウン製法~

ステッチダウン製法

グッドイヤー・ウェルト製法以前の代表的な製法として「ステッチダウン製法」があります。

グッドイヤー・ウェルト製法よりもかなり古くからある伝統てきな靴の製法です。

通常は甲革(アッパー部分)の端の部分は内側に折り込むのですが、ステッチダウン製法の場合は外側に折り中板と縫いつけます。アウトソールは中板と一緒に縫いつけるか接着剤で張り付けます。

グッドイヤーウェルト製法と比べ比較的単純な製法ですが、頑丈で気密性が高く水が浸入しにくい構造となっています。また、屈曲性が高いのでしなやかな履き心地で、靴の重量も軽くなる利点があります。その為に子供用の靴やカジュアルシューズ、ワークブーツなどによく使われる製法です。

特に足を保護する機能を持たせる必要があるワークブーツでは、重量が重くなってしまうのを避けるために、この製法が適していると言われています。


CEDAR CREST

ステッチダウン製法は堅い履き心地のグッドイヤーウェルト製法に対し、とても柔らかく履き心地が良いと言われています。
また、締め付けられるような感覚がなく窮屈な感じはしません。どちらかというと優しく足を包みこむようなやさしい印象です。

構造はシンプルですので耐久性も高く、長く履くほどに足に馴染んでさらに良い履き心地を得られます。

ただ、ソールの交換に関しては、甲革(アッパー部分)とウェルトが縫い付けられ一体化していますので、甲革(アッパー部分)まで手を加える必要があります。製造工場以外ではできないことが多いようです。


当社の「公式通販サイト」でも、そんなステッチダウン製法のシューズを扱っていますので、是非、履いてみて下さい。