~普段何気なく履いているスニーカーですが、いつごろ誕生した靴なのでしょうか。~

 スニーカーの元祖は1890年代にボートの競技用の靴として開発されたのが始まりとも言われています。
 靴の構造としてはキャンバス素材にゴムの底を備えていましたが、まだこの頃はスニーカーとは呼ばれていませんでした。
 このゴム底の靴は、1896年のアテネオリンピックの競技内で使用されたことから、世に広まったそうです。

 スニーカーと呼ばれるようになるのは、1917年頃アメリカのUSラバー・カンパニーが、「静かな靴」として販売した靴のキャッチフレーズが最初だと言われています。

 静かな靴=忍び寄る(Sneak)が語源だそうで、硬い底を持つためにコツコツと音の出る革靴に対し、柔らかいゴム底を持ち静かに音を立てずに歩くことができる靴として販売されました。
そして、忍び寄る(Sneak)=スニーカーとして世に広まったのです。
 最初のスニーカーはテニスシューズと言われていますが、これは当時「忍び寄る(Sneak)」というイメージにあまり良い印象を持たない人たちが「テニスシューズ」と呼んだ為だそうです。
実際にテニスにも使用されていましたが、イギリス人からはテニスシューズとは呼ばずに「トレーナー」と呼ばれていたそうです。


CONVERSE AS IN-PRY HI 32661121M メンズ | ブラック

 またこの頃もう一社、アメリカのコンバース・ラバー・シュー・カンパニーから、キャンバス地にゴム底を持つ「オールスター」が発売され、大ヒットしました。
 この頃は体育館用のスニーカーを主に生産していて、バスケットシューズ用として販売されていました。

 その後1970年後期に入ると、バスケットボール人気が高まり、人気プレーヤーの履いていいたバスケットシューズが話題に取り上げられるようになった事から、スニーカーの人気が一気に急上昇したのです。

 それまでは運動靴としてのスニーカーでしたが、今日のようにファッションとしてスニーカーが認知されるのはもう少し後のことです。
当時世界的にヒットした映画が大きく影響し、運動靴としての常識を覆しファッションとしてのスニーカーのイメージを世界に広めたのです。

 当社の「公式通販サイト」でも、機能性を重視したお洒落なメンズスニーカーレディーススニーカーをたくさん取り揃えておりますので、是非あなた好みのスニーカー選びを楽しんでください。