ここでは『靴を収納するために必要な豆知識』をご紹介いたします。今回はスニーカーの保管方法についてご案内します。

皆様は靴を収納する際にどのように保管していますか?

季節に合わせていろいろなバリエーションが増えているかと思います。数が増えて置き場に困っていませんか?
特に靴の中でもスニーカーはコレクションとして、集めている方も多くいらっしゃいます。
また、パーティー用などの靴の出番は普段履きと違い、出番は多くありませんが、いざというときの一足としてラインナップされていると思います。
そんな生活の必需品として大切な靴はいつの間にか玄関に何足も並んでいる時があります。

さて、今回のお話は靴の収納方法や、スニーカーの保管方法やについて豆知識をご紹介します。

せっかく買ったスニーカーは、少しでも綺麗な状態で保管したいと考えます。 しかし、購入しそのまま箱に入れた状態で放置してしまうと変色してしまう場合があります。
スニーカーカフェでお馴染みのスニーカーの先生に伺いました。スニーカーは箱の中だからこそ黄ばむことがあるそうです。
そもそも変色というのは使用に伴ったものや日焼けによって起こり得るものだと思いがちですが、決してそれだけではないそうです。
もちろん、経年による素材自体の退色や変色もありますが、箱や箱の中の包み紙の成分が湿気などによって分泌され、それが靴に付着するパターンもあるそうです。

新品のまま長期間愛用したい場合、変色から守る方法として収納、保管にオススメなアイテムをご紹介します。

まず、ご用意していただきたいのはチャック式のビニール袋とシリカゲル、そしてポータブル掃除機(ポータブルでなくても構いません)。

保管にオススメなアイテム

チャック式のビニール袋にシリカゲルを入れ、靴を収納します。

型崩れ防止のために掃除機で空気を抜きますが、注意点として圧縮収納の様に空気を抜き過ぎないことです。

強力な吸引力で空気を抜き過ぎると、変形する場合があります。若干、空気を残す状態でチャック部分を閉じると良いと思います。

そして靴の箱に収納します。
この方法はスニーカーの変色を100パーセント防げるものではありません。出来るだけ早めにおろして、楽しく履くことをおすすめします。

さらに靴の収納のおすすめ情報をご案内します。


収納した箱を積み重ねてしまった場合、かなりの確率で箱が変形します。
これは重みによるものです。
箱が変形することで中に収納する靴や、スニーカー自体にも負荷がかかります。


スニーカーカフェの先生に靴の収納のコツを伺ったところ、最もいい状態でボックスのまま保管するには、ラックを使って上限5足くらいに収納することだそうです。
今回、ご案内した内容で全てがパーフェクトにいくわけではありませんが、是非参考にしてみてください。

今回はスニーカーの保管について特にご案内しましたが、紳士靴などのフォーマルシューズなど、靴全般にも代用できる方法です!