~世界最高峰の靴のソール、『ビブラムソール』~

一口に靴のソールと言っても、その靴に求められる機能や用途によって、いろんな種類のソールが使われますが、有名な靴のソールの一つに『ビブラムソール』というのがあります。
メンズシューズ、レディースシューズの登山靴を中心に採用されていますね。


これは、1937年に登山家であるイタリア人のヴィターレ・ブラマーニ(Vitale Bramani) によって設立さた、イタリアのビブラム社(Vibram)によって開発された靴のソールです。
ヴィターレ氏の登山家としての経験から、厳しい環境下にある登山用として開発され、、スパイクタイヤのように凸凹した形状で、耐久性と軽さと安全性を追求した靴のソールです。


それまでの登山靴は、靴のソールに鋲を打ち込んだものが主流でしたが、ゴムで作られたビムラムソールは軽くて履きやすく、それでいて防滑性にすぐれ安全ということから、爆発的にヒットしました。


本来その形状のソールは『ラギットソール』とも呼ばれるのですが、あまりにもビブラム社のソールの評判が高く有名だったために、代名詞として『ビブラムソール』と呼ばれることが多いですね。
耐久性を持ち合わせながらとても軽いという特徴があり、地面からの衝撃の吸収にも優れていることから、現在では登山用だけでなく一般のカジュアルシューズにまで広く使われています。



当社の「公式通販サイト」では、その耐久性と防滑性をに着目し、ハイドロテックシリーズの中でも最高峰の商品を目指し開発された「ハイドロテック・プレミアムドレス」の靴のソールとして採用しています。
まさに、プレミアム=至高と言える履き心地をお試しください。