靴の素材

靴はいろいろな素材で作られていますが、その用途や求められる機能性によって使用される素材が選択されます。 本革から合成皮革、天然繊維から化学繊維まで、その種類は多岐にわたります。 ここでは靴に使用される素材で、代表的なものをご紹介します。


靴の素材

本革(天然皮革)

革と皮の違いは、皮は加工前の原皮のことで、皮が腐らないよう加工(なめし)を施すと「革」となります。 食用の副産物として主に利用されていますが、中でも牛革は丈夫で綺麗な質感を持っていることから、革製品の主流となっています。 他にも、馬、羊、豚、爬虫類や鳥類までいろいろな皮革が使われます。

カーフ(牛革)

…牛革の中でも生後6ヶ月までの仔牛の革。きめ細かくて肌触りが良い。最も上質な革と言われます。

キップ(牛革)

…生後6ヶ月以上2年以内の牛の革。カーフの次にきめが細かいが、やや厚手になっている。

カウ(牛革)

…生後2年ほどの出産を経験したメス牛の革。厚くて丈夫なのが特徴です。

ステア(牛革)

…生後3~6ヶ月以内に去勢したオス牛が、2年以上の成牛になった時の革。耐久性が高い。

ブル(牛革)

…生後3年以上たったオス牛の革。厚くて丈夫な為、ソール部分に使用されることが多い革です。

馬革

…馬革は牛革よりもきめが細かく丈夫。特に尻部分(コードバン革)は光沢があり美しく長持ちします。

豚革

…吸湿性に優れ柔らかい特性を持ち、衣類でも一般的。靴では中敷に使用されることが多い。

羊革

…シープレザーと呼ばれ、薄くて柔らかい素材の革。

山羊革

…羊革よりも丈夫で緻密な繊維質の革。ゴートスキンとも呼ばれます。

その他

…オーストリッチ(ダチョウ)革、カンガルー革、ワニ革、トカゲ革、ヘビ革など。

人工皮革

天然皮革に近い風合いを人工的に再現した素材。通気性と強度、質感に優れている。品質にばらつきがなく経済性にも優れた素材。

合成皮革

繊維にナイロンやポリウレタンをコーティングした素材。人工皮革より更に経済性に優れているが、感触や通気性は及ばない。

天然繊維

綿(コットン)や麻。綿は吸湿性に優れ、靴のみならず衣類でも最も多く使われる繊維資材です。 麻は水分の吸収と発散が早く、アッパー部分の素材だけでなく、ひも状のものがソールやヒール部分にも使用されます。

合成繊維

アクリル、ナイロンなど。合成繊維は「クモの糸よりも細く、鉄よりも丈夫な繊維」と呼ばれ、天然繊維と比較すると軽くて丈夫と言われています。また、天然繊維よりも発色性に優れています。


まだまだ他にもたくさんの素材が使われますが、上で紹介した素材が一般的に使用される素材です。 天然皮革については、なめしの方法によって、使われる靴の場所が違ってきます。

スウェードと呼ばれる素材は、天然皮革の裏側を起毛させた素材です。牛革、豚革、羊革などが使用されます。 またヌバックと呼ばれる革は、牛革の表側(銀面)を研磨加工し、毛羽立たせたものになります。



当社の「公式通販サイト」で購入の際に、参考にしてみて下さい。