スウェーデン生まれのサボサンダル

サンダルの中でも、つまさきから足の甲まで覆われた丸っこい形のサンダルのことを「サボサンダル」と呼びますよね。その丸っこい形から、シンプルでありながらちょっと個性的な雰囲気で人気のあるサンダルの一つですね。
どこかしら愛嬌を感じるのもこのサボサンダルの魅力です。
素材は革製の物からキャンバス、そしてジュートまで様々なもがありますが、このサボサンダルの元となっているのは、実は木靴(サボ)なのです。


サボサンダルはスウェーデンで生まれた、本来は木製のサンダルのことを言います。ですから、素材は基本的に「木」を用いて作られるのが本来の姿です。日本でいうところの「下駄」が一番近いでしょうか…。

天然の木を使って作られるサボは、廊下やフローリングをはだしで歩いているような感覚が楽しめるのです。
そういわれて見れば、なるほどその丸っこいデザインが木靴っぽいですね。納得です。

木を素材に作られたサボサンダルですが、今では素材は特に気にされることはなく、丸っこいデザインで、つま先から甲の部分まで覆われていて、踵の部分だけ露出したサンダルであればこう呼んでいます。
底の部分にだけ木が使われ、その当時の面影を残していますね。

スウェーデン生まれのサボサンダルなのですが、意外にも日本人に相性がよく、特に素材に使われる木のひんやりとした感覚が、日本の蒸し暑い気候で気持ち良く履けるのです。通気性を追求し、木の靴底に革製のベルトで足を固定するだけのサボサンダルまでもあります。

もともとは木の素材で素足のような感覚を楽しむサンダルですから、日本の下駄に共通する部分があるのかもしれません。それ故に日本の夏との相性が良いのでしょう。 浴衣の履物とかにも、自然にお洒落に決まりますよね。


Zipper
Zipper (ジッパー)
CEDAR CREST
CEDAR CREST(セダークレスト)
Zipper
Zipper (ジッパー)

当社の「公式通販サイト」でも、サボサンダルを色々扱っていますので、サボサンダルの独特な履き心地を、是非お試しください。