靴のそれぞれの部位の呼び名

靴を構成する部位には、それぞれ呼び名があります。
大まかに分けると「アッパー」と「ソール」の2つ部分に分かれます。
それぞれの部分は様々な部位で構成され、形状やその場所に呼び名がつけれれています。

アッパー部分

靴の底(ソール)部分以外の上の部分のことを呼びます。下記の部位で構成されています。
・トゥキャップ(Toe cap)…つま先部分のキャップのような部分。飾り革。
・バンプ(Vamp)…つま先革
・アイレット(Eyelet)…ハトメ(鳩目)とも呼びます。靴ひもを通す穴です。
・レース(Lace)…靴ひも
・タン(Tongue)…通称ベロ。舌革、砂よけ革とも呼びます。
・トップライン(Top line)…靴の履き口のこと。
・クォーター(Quarter)…後革、腰革とも呼ぶ。
・クォーターライニング (Quarter lining)…クォーター裏側に張られている革のこと。腰裏とも呼ばれます。
・バックスティ(Back stay)…市革(いちかわ)。かかと部分に補強の為に縫い合わされる革。


ソール部分

アッパー部分以外の底の部分のことを呼びます。下記の部位で構成されています。
・ウェルト(Welt)…コバ、細革とも呼びます。
・アウトソール(Out sole)…本底、表底とも呼びます。靴の床面に接する部分です。
・ヒールリフト(Heel lift)…かかと部分の積み上げの呼び名です。
・トップリフト(Top lift)…ヒールの一番下の部分です。


靴の呼び名

知ってるだけで、靴を選ぶ時の楽しさが違うと思いますよ!
是非、当社の「公式通販サイト」に並んでいる靴で試してみて下さい!