女性の足元を華やかに演出するサンダル「ミュール」について、ご紹介いたします。

ミュールといえば、華奢で華やかな女性用の履物というイメージですが、もともとは寝室履きとして作られていました。それが時代を経て、外出時のオシャレには欠かせないレディースシューズとして、愛用されるようになっていたのですね。

ミュールはサンダルの一種で、 かかと が覆われていない、いわゆる「ツッカケ」サンダルのこと。華奢な作りのイメージですが、実はいろんなバリエーションがあるんです。ヒールだけでも厚底のウェッジソールのミュールや、朝顔の花に似たフレアーヒールタイプのミュールなどがあり、装飾もシンプルなものから、繊細な細工を施したものまで、様々です。