~ゆったりお洒落に履けるモカシン~

モカシンは一枚の革で足の裏から包み込みこみ、甲の部分でU字型に縫い合わせた靴のことをいいます。 フリンジがついていたり、ビーズがついていたりと、様々なブランドからいろんなデザインのモカシンが出ていて、私たちの目を楽しませてくれますよね。



その起源については諸説ありますが、モカシンという言葉自体は、北米大陸カナダ東部の先住民が使っていたという説があります。
柔らかくてしなやかな鹿革で袋状に足を包み込み、側面に穴を開けてひもを通し、甲の部分と縫い合わせた履物をそう呼んでいたそうです。

この頃のこの地域の民族たちは、ビーズの刺繍やフリンジによって部族を区別しており、それがモカシンに反映されていたのです。


実際のところ「一枚革で足を包むようにした構造の靴」は、北米のみならずアジアや世界各国で伝統的な履物として存在していて、デザインの形状だけでなくその製法を総じてモカシンと呼ばれています。硬いソールがついたのは20世紀初頭で、甲の部分でU字型に縫い合わせた製法の靴をモカシンと呼んでいますね。


世界的に大流行したビットモカシンなどの場合は、甲の部分に金属の飾りがついているので、一見すると革のドレスシューズのように見えます。 しかしU字型に甲の部分と側面の部分を縫い合わせた構造になっているので、ビットモカシンという具合に「モカシンの種類」とされているのです。


一番モカシンとしてイメージしやすいのは、「インディアンモカシン」ではないでしょうか。
スウェード素材の革を使用し、フリンジやビーズの飾りがついているモカシンで、その民族的なデザインで人気があります。足首まで包み込んだブーツようなデザインのモカシンは、そのゆったりとした履き心地が魅力ですね。


zシッパー<Zipper>
ZP1359 レディース
[ジッパー] Zipper ZP1359 レディース
シュッテ<Shutte>
ST-101 レディース
[シュッテ] Shutte キルトリボンカジュアルシューズ ST-101 レディース
ミネトンカ<MINNETONKA>
EL PASO レディース[ミネトンカ] MINNETONKA EL PASO MN472K レディース


また現代風にアレンジしたローファーに近いデザインのモカシンもあり、気軽に履けるモカシンとして定着しています。

当社の「公式通販サイト」でも、ゆったりとお洒落に履けるモカシンを取り揃えていますので、是非ご覧下さい。