シンプルな構造~マッケイ製法~

マッケイ製法

甲革(アッパー部分)の端を内側に折り込み、アウトソールに縫い付ける製法を「マッケイ製法」と呼びます。

この製法は1897年にドイツから日本にマッケイ縫い機が輸入され広まった製法です。

とてもシンプルな構造ですので、ソールの屈曲性が良いのが特徴です。またどんなに柔らかい革でも靴にできる製法として知られています。その為、いろんなデザインの靴を作ることができ、様々な種類の靴に採用されています。

マッケイ製法は足を包みこむような履き心地で、足に優しくフィットします。また構造がシンプルなため軽量に作ることが出来るのです。デザイン的には靴底のでっぱりが少ないので、すっきりとした印象になります。このような特徴を生かし、スリッポンタイプやローファーなどに多く採用される製法です。

もともとは室内用の靴に用いられる製法でしたので、クッション性が低いのが難点で、長い時間歩くには不向きでしたが、改良が加えられたのがもう一つの図です。
グッドイヤーウェルト製法やマッケイ製法のように、インナーソールとアウトソールの間にコルクなどの中物を挟みクッション性を加えました。欠点が改良されたマッケイ製法は、履き心地が向上し、様々なデザインの靴に採用されるようになりました。


マッケイ製法

マッケイ製法の短所としては、縫い目が靴底にありますので水が浸入しやすく、屈曲性の良いところから、構造的に柔らかく型崩れしやすいと言われています。

しかし、水の浸入に対しては、縫い目を接着剤で塞いだり、伏せ縫いで縫い目を見えなくするなどで対策されている物もあります。

マッケイ製法の靴の縫い付けは、靴の内側に施されますので、靴の内側にステッチがあるかどうかでわかります。


当社の「公式通販サイト」で購入いただいた靴にも採用されている製法です。ひょっとしたら今履いている靴もマッケイ製法かもしれません。ちょっと靴の中を覗いて見て下さい。