上手な靴の選び方

お店で靴を選ぶときに重要なことは、靴のデザインや履き心地、そして値段とありますが、何より一番大事なのは「サイズ」ですよね。
これを間違えると、ずっと履き心地の悪いままで履かねばなりませんし、足に負担がかかってしまう場合があります。
そして、せっかくのお気に入りでも、履かなくなってしまっては元も子もありません。
ですからサイズはしっかりと選びたいものです。
靴のサイズ選びのコツをいくつかご紹介しますので、参考にしてみて下さい。


上手な靴の選び方

1.つま先に約1cmのゆとり。(捨て寸と言います)

デザインや素材によって違いはありますが、つま先に1cm程度の余裕はあったほうが良いでしょう。捨て寸が小さすぎると、圧迫され足先が痛くなることがあります。
親指の爪が上から圧迫されないかを同時にチェックすると良いでしょう。

2.ヒールカーブはあっているか。

靴のかかとのカーブと、足のカーブがあっているか確認しましょう。靴擦れの原因となったりします。履いた時にかかとの真ん中より上があたってなく、真ん中より下がフィットしているのが良いと言われています。

3.土踏まずのライン

土踏まずあたりの靴の盛り上がりの形があっていないと、疲れやすくなることがあります。

4.トップラインの形が足に合っているか。

トップラインとは靴の履き口のことです。ここが踝にあたっていたりきつかったりすると、とても履き心地が悪く感じることがあります。

5.足の甲があたってないか。

足の甲が圧迫されていると、履いているうちに痛くなってくることがあります。逆にゆるすぎると足が前後に動きますので、つま先部分に負担がかかります。

6.靴の幅があっているか。

靴の大きさがあっていても、幅があっていなければ意味がありません。ヒモ靴なら締め付け具合で調整できますが、そうでない場合は注意しましょう。


以上の点を踏まえて、ためし履きをすればよいでしょう。必ず左右両方とも行ってください。 よく言われることですが、ためし履きに適した時間帯は夕方以降が良いと言われています。これは疲労や体重によって、足の大きさが夕方の方が大きくなるから、またはある程度足が疲労しているときの方が、靴のあたる部分に敏感になるからです。



当社の「公式通販サイト」で購入の際には、あなたにピッタリのサイズの靴を選んで下さい。