靴底を縄で作ったエスパドリーユ(Espadrille)

フランスとスペインの国境近くの町、バスクで誕生したと言われているエスパドリーユ。その靴底は特徴的で、ジュートと呼ばれる麻の一種で編まれた縄使って作られています。
もとは船乗りや湾岸労働者のための作業靴だったと言われていますが、当時はエスパルトというパルプの原料にも使われる繊維を使って編まれていたことから、『エスパドリーユ』と呼ばれるようになったようです。


そのデザインはスリッポンやサンダルからスニーカー型の物まであり、バリエーションが多いのもエスパドリーユの特徴です。特にレディースはパンプスからハイヒールまで種類が豊富です。縄で編まれた靴底が民族的なところから、現在では夏のリゾートシューズの定番となっていますね。


エスパドリーユは夏のリゾートシューズなので使用する期間が短いことから、そのお手入れと保管方法はとても大切です。そのまま放置していると、お気に入りのエスパドリーユが次の年には履けなくなってしまった・・・なんてことにもなりかねませんから、きちんとお手入れをして保管してください。


CEDAR CREST
MOOSEWOOD メンズ
[セダークレスト・ムースウッド] CEDAR CREST MOOSEWOOD MW-5102 メンズ
CEDAR CREST
MOOSEWOOD メンズ
[セダークレスト・ムースウッド] CEDAR CREST MOOSEWOOD MW-5101 メンズ
JELLY-BEANSS
レディース
[ジェリービーンズ] JELLY-BEANS 120-1971 レディース

エスパドリーユはキャンバスやジュート(麻の一種)が使われていることが多いので、水分と一緒に汚れを吸収してしまう事が多いです。そのお手入れの方法としては、よく絞ったタオルや綺麗なぞうきんなどで、叩くようにしてしみ込んだ汚れをふき取って、その後は陰干しにしてよく乾かしてください。乾いたら防水スプレーをかけておくと、水分の吸収による汚れを防止する効果もありますのでお勧めです。
保管の方法は、エスパドリーユは型崩れしやすいですので、新聞紙などを丸めて詰めておくと良いでしょう。防湿材を入れておくとカビの発生を抑えますので、長期間しまっておく場合には有効です。


さらっとした雰囲気がよく似合うエスパドリーユ。きちんとお手入れをして、お気に入りを大切に履いて下さいね。
当社の「公式通販サイト」でも、エスパドリーユをたくさん取り揃えていますので、是非チェックしてみてください。