独特な履き心地の靴底~クレープソール~

CEDAR CREST(セダークレスト)デザートブーツ

天然ゴムを主原料としている靴底で「クレープソール」と呼ばれるものがあります。
同じゴム底でも通常は石油系の合成ゴムを使用しているのですが、このクレープソールの場合は、ゴムの木の樹液からつくられる天然ゴムを使用しています。
デザートブーツ等のカジュアル系の革靴ではおなじみの靴底ですね。

合成ゴムを使用した普通のゴム底と、天然ゴムを主原料とするクレープソールの違いは、なんといってもその履き心地にあります。
履いてみるとその違いがはっきりと分かるのですが、優れた柔軟性とクッション性がクレープソールの大きな特徴なのです。

天然ゴムならではの反発力が足の裏側にふんわりとした感覚で、合成ゴムの靴底では絶対に味わうことの出来ない履き心地を味わうことが出来るのです。しかも意外とグリップ力も強いので、履いていて疲れにくいのです。
その製法はゴムの木の樹液である「ラテックス」に酢酸を加え凝固させるというとても古い製法で、あの独特な波状の模様もこの時に現れます。


Indian(インディアン) クレープソールシリーズ

しかし天然ゴムが主原料であるが故に欠点があるのも否めません…。

乾いた路面では優れたグリップ力を発揮しますが、雨天時の濡れた路面ではそのグリップ力が極端に低下してしまい滑りやすくなってしまうのです。

また、路面温度が高くなる夏場では、ゴムが軟化し地面にねばりつくような感覚を受けてしまいます。天然ゴムが主原料ですから、石油系の溶剤にとても弱く、アスファルトからにじみ出ている油や、揮発性の高いガソリンなどが付着すると溶けてしまう事もあります。表面もしっとりとしているため汚れも付着しやすく、一度ついた汚れはなかなか取れません。

欠点を並べてしまうとこんなにたくさんあるのですが、それでもクレープソールの天然ゴムならではのクッション性からくる履き心地はとても魅力的で、たくさんの愛好家がいるほどです。
古い製法の靴底でありながら、現在でも採用され続けている理由はここにあるのですね。合理性や理屈だけではない、「履き心地」という感覚がクレープソールを未だに存在させているのです。


当社の「公式通販サイト」でも、そんなクレープソールを靴底に持つシューズを扱っています。これをお読みになった方も是非、クレープソールの味わい深い独特な履き心地を体感してみて下さい。