お気に入りの靴を大切に履く為に~靴のお手入れ~

お気に入りの靴を長く履く為には、普段のお手入れがとても大切です。
靴の素材によってお手入れの方法が違ってきますので、素材に合ったお手入れで、お気に入りの靴を大切にしてあげて下さい。


革靴(本革)

本革の革靴は天然素材ですので、特にお手入れが重要です。お手お入れの仕方によっては、綺麗な状態と革の寿命が格段に違ってきます。

表革の場合(スムースレザー)

  • 最初に靴底の汚れをブラシで落として下さい。靴底の汚れには頑固な汚れもありますので、使い古しの歯ブラシ等、少々硬めのブラシも活用できます。
  • 表面のホコリを柔らかいブラシで払って落として下さい。特に縫い目にはたくさんのホコリが付着していますので、よくブラッシングして下さい。この時、革に傷が付かないように優しく行ってください。
  • その後靴クリームを全体に薄く塗って、汚れを落として下さい。靴クリームには一般的には黒と白、そして透明(無色)がありますので、靴の色に合ったものをご使用ください。黒には黒の靴クリーム、白には白の靴クリーム、茶色等、それ以外の色には透明(無色)を使用すると良いでしょう。
  • 汚れが落ちたら余分なクリームを柔らかい布でふき取り、つやが出るよう磨いて下さい。この時もやはり傷がつかないよう、力を入れ過ぎずに優しく吹き上げて下さい。
  • 濡らしてしまった場合は、布で表面の水分を拭き取り、風通しの良い場所で陰干しにして下さい。この時、新聞紙を丸めて中に入れておくと、水分を吸収し、型崩れも防ぎます。完全に乾いたら上記のお手入れを行うと良いでしょう。
  • 最後にシューキーパーに入れて形を整えて下さい。ない場合は新聞紙などを丸めて詰めても代用できます。
  • 紐靴の場合は、定期的に紐を外してお手入れを行って下さい。

起毛革の場合(スエード、ヌバックなど)

  • 専用のブラシを使用し、毛足に沿ってブラッシングして下さい。ヌバックの場合は傷がつきやすいので、特に優しく行って下さい。
  • スエードやヌバックの汚れは落ちずらいので、履いたら汚れを落とす等、こまめに行うことが大切です。
  • どうしても落ちない汚れは、スエード専用の汚れ落としの消しゴムを活用すると良いでしょう。
  • 濡らしてしまった場合は、陰干しで完全に乾かしてからブラッシングで毛足を整えて下さい。
  • 最後にシューキーパーに入れて形を整えて下さい。ない場合は新聞紙などを丸めて詰めても代用できます。
  • 靴クリームは使用できません。


人工皮革の場合


  • 表面や靴底のホコリをブラシで払い落としてください。
  • 汚れがある場合は、布を濡らし硬く絞ってから拭いて下さい。
  • 濡れ拭きだけでは落ちない場合は、専用のクリーナーを使用すると良いでしょう。
  • 最後に靴クリームを薄く塗ってツヤを出してください。この時、黒には黒の靴クリーム、白には白の靴クリーム、茶色等、それ以外の色には透明(無色)を使用すると良いでしょう。


布製の靴の場合(ナイロン、キャンバス等)


  • 紐靴の場合は先に紐を外して、中性洗剤で手もみ洗いしてください。
  • バケツなどに水を張り、靴を浸して下さい。汚れが頑固な場合はぬるま湯を使用すると良いです。
  • 中性洗剤を適量たらし、靴用ブラシなどでごしごし洗ってください。(使い古しの歯ブラシも活用できます)
  • ナイロンの場合はこすりすぎると傷んでしまう場合があるので、柔らかいブラシを使用すると良いでしょう。
  • 洗い終えたらよくすすいで、洗剤をしっかり落として下さい。
  • 風通しの良い場所で、陰干しにして下さい。

最近ではコインランドリーに、靴専用の洗濯機や乾燥機がありますので、活用してみるのも良いでしょう。ただし、乾燥機ではかなりの熱が加わりますので、プリントなどがある場合はひび割れてしまう場合があるのでご注意下さい。


以上に、靴のお手入れの基本的な方法をご紹介しました。
革靴の場合は、お手入れ以上に履く前のお手入れがとても重要です。特に、スエードやヌバック素材は汚れがしみ込みやすいので、靴を購入したらまず防水スプレーで革を保護すると良いでしょう。シミや汚れ、傷の防止に効果があります。



靴のお手入れ CEDARCRESTブラシセット CEDARCRESTミンクオイル40ml 靴職人 HYDRO-TECH防水スプレー


当社の「公式通販サイト」でも、お手入れに便利なグッズを扱っていますので、是非ご覧になって見て下さい。