プレスリリース

SHOE・PLAZA(シュープラザ) ロゴ

シュープラザは「山形交響楽団」の活動を応援しています。

 当社が運営するシュープラザは、地域活動支援の一環として、山形交響楽団を協賛しています。

イベントポスター イベントポスター
昨年のイベント 昨年のイベント
昨年のイベントの様子

 シュープラザは、山形交響楽団主催のコンサートやイベントを広く知って頂けるよう、東北地区にある51店舗の店頭にポスターを掲示し、山形交響楽団の活動をVTRで紹介します。また、年間を通して、店舗のお客様を山形交響楽団のコンサートにご招待いたします。音楽を通じて地域の皆様とのふれあいやお客様とのコミュニケーションを大切にし、地域密着型の店舗作りに取り組んでまいります。

 2017年3月30日(木)に開催された「山形交響楽団 オーケストラの日 2017 ~ファミリーコンサート~」では、特別スポンサーとして協賛し、会場に女性向けパンプスの新ブランドfuwaraku(フワラク)を商品展示いたしました。また、シュープラザキャラクター「くつお」が来場し、小さなお子様から大人の方までが気軽に音楽を楽しめるコンサートとして大いに盛り上がりました。

「山形交響楽団 オーケストラの日 2017 ~ファミリーコンサート~」概要

日時:
2017年3月30日(木)
会場:
やまぎんホール(山形県県民会館)山形県山形市七日町3丁目1番23号
公式サイト:
http://www.yamakyo.or.jp/

■山形交響楽団とは・・・
1972年、村山市出身の指揮者・村川千秋氏によって「ふるさとの山形にオーケストラを」の情熱の下、東北初のプロ・オーケストラとして誕生しました。地域に根ざしながら、演奏レベルの高さでは全国的にも定評がある楽団に成長し、日本の音楽文化を代表するオーケストラとなっています。2004年に飯森範親氏が常任指揮者、2007年には音楽監督に就任。さらに多彩な演奏活動を展開し、全国のクラシックファンの熱い注目を集めています。

山形交響楽団とは

■飯森範親氏プロフィール
神奈川県出身。現在、東京交響楽団正指揮者、いずみシンフォニエッタ大阪常任指揮者、ザ・カレッジ・オペラハウス管弦楽団名誉指揮者、ヴュルテンベルク・フィルハーモニー管弦楽団首席客演指揮者、日本センチュリー交響楽団首席指揮者。

飯森範親氏